省エネリフォームのメリット

ここまで進化した!水回りの省エネリフォーム

リフォームと省エネリフォーム

世界規模で問題視されている地球温暖化や資源の枯渇問題。 それを解決すべく、世界の国々が集まり会議を開き、議論が重ねられています。 その中で日本も日本が果たすべき役割があり、それを実現するために企業や個人に対して様々な政策を打ち出しています。 世界と国と、省エネ対策に対する考えを見てみましょう。

省エネルギー対策は世界規模でされている

リフォームと省エネリフォーム。
双方の違いは何にあるのでしょうか。

まずはリフォームですが、一般的な意味合いとして、古くなった家を新築の状態に戻すことを指します。またマンションやアパートの場合ですと、前入居者が入居する前の状態に戻すことを言うときもあります。

なので、汚くなった壁紙を新しくしたり、傷んだ外壁の塗り直し、キッチン設備の入れ替えなどが挙げられます。

では、省エネリフォームはというと、作業としてはリフォームと同じです。
ただ、例えば、窓を結露がしにくい二重ガラスの窓にしたり、断熱材をいれたり、外壁を太陽の熱を吸収しにくい物にしたりすることです。
つまり、光熱費がかかりにくい、傷みにくい家にすることです。

双方とも工事後、きれいな家になりますが、省エネリフォームの方がよりメリットがありますよね?
「といっても、省エネリフォームって高いんじゃないの」と感じる方もいるかもしれませんね。
工事費用は家ごとに、住む人の希望ごとに変わるので、ここでは具体的には紹介できませんが、ただ省エネリフォームをすることで受けられるメリットがあります。
毎月の光熱費を抑えられたり、所得税の控除や固定資産税の減税が大きなメリットです。

これから、省エネが求められるようになった背景と共に、どれぐらいの控除や減税が受けられるのか、そして省エネリフォームと認められる為にはどういった要件を満たさないといけないのかについてご紹介します。

おすすめリンク

リフォームするならお財布にも優しい省エネリフォーム

持ち家の方で、築数十年経っている方なら、「リフォームをしたい!」と考えたことがあるのではないでしょうか? 新しいキッチンにお風呂、居心地の良いリビングなど。 リフォームへの夢は尽きないですね。 しかしただ見た目をきれいにリフォームするだけだと非常に勿体ないこともあります。

省エネ性能の家にするには?

省エネリフォームにするには様々な項目を満たさなければいけません。 それは国によって明確にきめられています。 簡単にはなりますが、まとめてみました。 細かい知識は実際に工事する時に専門家にきくのが一番ですが、相談する前に自身で考える時の参考にはなると思います。