省エネリフォームのメリット

ここまで進化した!水回りの省エネリフォーム

省エネ性能の家にするには?

断熱性能

断熱効果を持たせることでかなりの省エネ効果が期待されます。
築年数の経った家で過ごしたことがある方は実感しやすいですが、断熱材があるのとないのとでは、家の温かさや、夏の涼しさは違います。
また、屋内の空の熱を逃がしにくいので、光熱費を安く抑えることができます。

どこに断熱効果を持たせるかで、省エネリフォームであるか、そうでないかが変わってきます。
ポイントは3つあります。
2点は外気と住宅内の境界部分と、そして窓などの開港部分の断熱対策をすると基準が満たされます。

残りの1点は躯体の設計や、そのものの性能、また断熱材が使われているかといったことが省エネリフォームかどうかという事で見られます。
躯体は聴きなれない単語ですが、建物の構造を指します。

気密性、結露対策、遮光対策

夏場に冷気を逃がさない、冬場に暖気を逃がさないことは省エネを考える上でとても重要です。
例えば夏場クーラーをつけて、その冷気がどんどん逃げると、クーラーは部屋を冷やそうと電気を消費します。
しかし、気密性のある家だったらクーラーの冷気が外に逃げにくいので、クーラーの電気消費も最低限で済みます。

次に遮光対策です。
夏場、窓際にいるとクーラーが効いた部屋でも暑いですよね?
このように、太陽の光が直接部屋に入るとせっかく冷えた部屋を暖めることになってしまい、部屋を冷やす効率が悪くなります。

そして水回りの設備の効率的なものにしているか、です。
例えばガス給湯器ですが、効率的にお湯を沸かせるシステムの機器を設置することが求められます。
今では家庭でも太陽光発電ができますが、発電する過程で出る熱で沸かせるものもあります。


この記事をシェアする